残りもののリメイクレシピに、余りものを寄せ集めた適当レシピ、主婦のまかないご飯。どれも超手抜きなメニューですが、日々の食卓日記です。一応、どれも家族にだしてるおかずなの…


「祝!全20kg産後ダイエット達成!」→●痩身関連で訪問してくださった方はまず「目次」へどうぞ♪「カロリー付献立」はまだ更新!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
宮ケ瀬のジャンボツリーにうっとり♪ ~光の国へ~


宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい


miyagase1.jpg  ■宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい
  (宮ケ瀬 光のメルヘン)
  神奈川県愛甲郡清川村宮ケ瀬940
  TEL:0465-288-1340
  http://www.miyagase.com/xmas/
  入園料:特になし   駐車場:一律700円
  「ナイトトレインミーヤ号」300円
  ※4歳以下は無料

   第24回となる2009年は、11/28~12/25
   点灯時間は17:00~23:00



  ジャンボツリー発祥の地。高さ34mものモミの木に、
  10.000球ものイルミネーションが!!
  
  

  ~「続き」に何枚か写真があります~




 オススメ度  

 
 ママに :★★★★★(5点)
 個人的に:★★★★★(5点) 
 大人のみ:★★★★★(5点)
 小学(高):★★★★☆(4点) 
 小学(低):★★★★☆(4点)
 幼児  :★★★★☆(5点)
 ベビー :★☆☆☆☆(1点)

 ・施設………B(微妙)
 ・広さ………B(広大ではない)
 ・見(遊)どころ…A(キレイ)
 ・接客………B(普通)
 ・値段………A(問題なし)
 ・アクセス…A(車の方が便利)
 ・お土産……B(多くはない)
 ・雰囲気……A(最高)
 ・総合………A(素敵!)


※A良い・B普通・Cイマイチ


5点…また行きたい! 4点…お勧めしたい感じ! 3点…機会があれば。
2点…あまり気に入らないかも 1点…もう二度と行きたくない 0点…問題外


 ■リアルレポートなど、続きはコッチ↓ 


●光の国発見!
miyagase7.jpgメイン会場から離れた駐車場だったのですが、遠くに見えるジャンボツリーが水に写っている光景が素敵でむしろラッキー☆橋のイルミネーションはまるでナビゲートしてくれているようです(これは渡れません)。











●ジャンボツリー登場!
miyagase5.jpgしばらく歩くと、高さ30mものモミの木に1万個もの電飾が飾られたジャンボツリーがお目見え!何度見ても豪快で、圧倒されます。でも、さすがにツリーの真下までは入ってはいけないようになっているのです。でも、“真下”に行かれる「ナイトトレイン」たるものができていたことには驚き!私が最後に訪れたのは5年以上前のことだったのですが、その時はまだなかったんですよね~。













●メイン会場へは“光の階段”を登って―
miyagase2.jpgジャンボツリーのある広場から階段が伸びているのですが、この一部にイルミネーションのアーケードがあり、光のトンネルをくぐっていきます。御殿場の「時の栖」ほどではありませんが、メイン会場に上がる前のワクワク感が満ち溢れてきますね!ちなみに、子どもははりきってこの階段をかけあがっていました(笑)








●メイン会場には約25万個の電飾が!

miyagase6.jpgmiyagase4.jpgほんっとにまばゆい「光の国」です!イルミネーションの美しさにプラス、お祭り的な雰囲気がプラスされていて、子どもがワクワクしてました!キティちゃんや雪だるまの形のイルミネーションもあるので、子どもに「あれはなんだろう!?」って話しかけながら回るのも楽しいですよ!




●お楽しみの「ナイトトレインミーヤ号」
DSC04887.jpg乗車料300円(4歳以下無料)で乗れる、トレイン型のバスです。装いは蒸気機関車のような雰囲気で、これにイルミネーションが施されています!乗ると、ジャンボツリーの真下まで連れて行ってくれ、わずかな時間止まってくれるので写真撮影をすることができるんです!たとえ乗らなくても、闇夜に走るこのトレインは銀河鉄道「999」のようでファンタスティック!
※なお、座席は大人3人がかけられる幅の椅子が向かい合うようになっているので、座り方をミスると、せかっく真下まで行っても写真撮影もままならず、堪能できないかも(汗)もし、案内されたときに列の2組目であったのなら(2人の場合)、向いあって座らず、隣同士で座るとベスト!






●お腹もほっこり♪
miyagase3.jpgmiyagase.jpg訪れる時間は当然夜ですから、お腹も減ります(笑)でも、いろいろな食べ物が売られているので安心!店内で飲食できる処もあれば、出店が出ていたり、店先で焼き鳥やイワナなどが販売されているところもあります。私たちはいろいろなものを食べたかったので、「焼き鶏」「ホルモン」「山菜そば」「ジャンボタコ焼き」「ベビーカステラ」「お好み焼き」「ダンゴ」などを買って食べ、子どもにおねだりされた「わたあめ」などをお土産に持って帰りました!
※いろいろ食べたので5.000円ぐらい使ってしまいました(笑)



ここのイルミネーションは、イベントなども開催されており、子どもが楽しめる要素がたくさんです!冬の夜は、あまり子どもを連れておでかけする場所ってそんなに多くないですけど、ここならきっと楽しめるはず!もちろん大人たちもね♪



【おススメ度の解説】

日頃、子育てに追われて“デート気分”なんてあじわう余裕がないので、ここは子連れでもロマンティックな雰囲気にひたれる場所!むしろ大人だけの方が素敵かも(笑)カップルにも最高です!小学生や幼児には“遊ぶ場所”といった感じではないので4点にしましたが、出店が出ていたりとお祭りムードが漂っているので楽しめますし、「ナイトトレインミーヤ号」は銀河鉄道999に乗ったような気持ちになってワクワクするかもです♪乳児ちゃんには寒いので1点にしましたが、幼い頃見た美しいものは心に宿るというので、防寒対策でいきましょう!

【利用方法のススメ】
何度か行っているのですが、12月中旬を過ぎるとかなり混んできます。駐車場に着く前から「宮ケ瀬渋滞」ができるので、上旬を狙うと比較的すいているかと。また、人にもよるのでしょうが、人ゴミのあるメイン会場内でベビーカーは移動しにくいかもしれません。一か所長い階段もあるので、ある程度歩ける年齢であれば、抱っこの方が楽な場合も。もちろん、けっこうベビーカーを使っている人も見受けられましたが(あくまでも参考までに)

【参考】
訪れたときの子供の年齢
…3歳3か月。
※レポート内容は2009年11月27日現在のもの




スポンサーサイト
別窓 | ★コラム お出かけコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 | お野菜グラタン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 |