残りもののリメイクレシピに、余りものを寄せ集めた適当レシピ、主婦のまかないご飯。どれも超手抜きなメニューですが、日々の食卓日記です。一応、どれも家族にだしてるおかずなの…


「祝!全20kg産後ダイエット達成!」→●痩身関連で訪問してくださった方はまず「目次」へどうぞ♪「カロリー付献立」はまだ更新!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
宮古島情報収集ちょこっとナビ! -宮古島の旅vol.16-
旅に行く前は、観光雑誌などをみて、
「スポット」「グルメ」「体験」など、ひととおりチェックをする私。

だいたいの、“これ…食べたい!行きたい!やりたい!”
といったことをまとめておき、
あとは現地での気分や雰囲気、タイミングで行動するのであります。
(まぁ、みなさんそんなところでしょうけど・笑)

今回の「宮古島」への旅を決めたとき、
事前チェックに使った本は3冊。


1冊は「石垣・宮古」を筆頭とした沖縄離島系をまとめたもの。

後の2冊は、独身時代、沖縄本島に行った際に使い、
本棚に保管してあった「本島メイン」の本です。
(宮古島情報も少しはのっている)


ゆっくり情報収集することを許してくれないチビがいるので、
今回は、本を熟読することも、ネットで調べることも
ままならない状態だったのですが、

ササッと目を通した第一印象は、
「宮古島ってほんとうにキレイそう!」との期待と、

「でも、自然豊かでのどかなだけに、
 お店はあまりないのかな?」

との勝手な予想が脳裏に横切っていたのでした。

実際、宮古島は、
思っていた以上に美しい場所でした。
見るもの全てに感動があったように思います。

そして、
思っていた以上に“お店がある”
ということにも驚きました。

もちろん、本島やMIEの住んでいる場所よりは
はるかに店数は少ないのですが、
観光本に掲げられていないお店がたくさんあったのです。


それを象徴するかのようなものが、
地元にてゲットできるフリーペーパー(情報誌)。


手にとって開いてみると、
地元密着の情報宝庫で、たくさんのお店情報が
詰まっていました。

これらの情報誌は、“かなり使えます!”

~私が入手した情報誌~
●「ガイドブック 宮古島 2008 最新版」
~地元スタッフがつくる最強観光ガイド~
(企画・制作・発行/株式会社たけしょう)

DSC03629.jpg



●「観光情報誌 宮古島 タウンガイド 2008」
(企画・制作/ダイコー 協力/(社)宮古観光協会

DSC03631.jpg



●「タダマガジン 楽島(tanoshima) 宮古島2008年版」
(発行/株式会社タダマガ)

DSC03630.jpg






いずれも、地元密着の情報とあって、
大手雑誌には取り上げられていない(また広告依頼をしない)
情報が充実のラインアップ♪

個人的には、グルメやショッピングをメインテーマとしていない旅だったので、
実際の旅にはそこまで反映されることはなかったのですが、

宮古島INしたら、ぜひとも入手したいフリーペーパーかもしれませんよ!

※情報誌はレンタカーショップや、土産物店、
 港などにおいてあります。


スポンサーサイト
別窓 | ★コラム お出かけコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「サヨナラ、宮古島」。  -旅・総集編- | 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 | お土産ちゃんズ! -宮古島の旅vol.15->>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 |