残りもののリメイクレシピに、余りものを寄せ集めた適当レシピ、主婦のまかないご飯。どれも超手抜きなメニューですが、日々の食卓日記です。一応、どれも家族にだしてるおかずなの…


「祝!全20kg産後ダイエット達成!」→●痩身関連で訪問してくださった方はまず「目次」へどうぞ♪「カロリー付献立」はまだ更新!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
湯の峰温泉:民宿「くらや」
シェアブログ7に投稿

~ 和歌山&三重 3泊4日の旅において vol.6 ~
-旅の想い出をなんとな~くレポート-
※一通り書いたら、総集編の旅コラムをUP予定


■御やど 「くらや」
 (湯の峰温泉)
 ホームページ
  電話:0735-42-0148
  人数:12名(全4部屋)
  料金:7.000円~※HP見たというと6.500円
  駐車場:付近に有
  バス:無し(離れに温泉有)
  WC:共同
  アメニティ:歯ブラシ・フェイスタオル
※初日に利用したお宿(民宿)です 




--オススメ度--

 お年寄り:☆☆(3点・×3)
 カップル:☆☆☆☆☆(0点・×0)
 夫婦:☆☆(3点・×3)
 子ども:☆☆(3点・×3)
 乳児:☆☆☆☆☆(0点・×0)

・接客…………A(もの凄く良い夫婦!)
・雰囲気………B(民宿なので普通)
・部屋…………A(不思議!!)
・風呂…………C(お湯は良いけど…)
・清潔感………B(古い建物なので)
・アメニティ…C(あまり装備なし)
・料金…………A(安かった!)
・お料理………B(普通に美味しい)


 ■続きはコッチ↓ 


●御宿IN
1箔目に選んだお宿は、世界遺産の「つぼ湯」から歩いて1分の「くらや」という民宿。(この湯の峰温泉の街はちいさいので、どの宿にも1分で着きそうですが)。お宿につくと、営んでいるご夫婦が出迎えてくれ、とても気さくで感じが良くて安心した(ベビ付きなので対応がイイととても安らぎます)。

●お部屋
全客室4部屋という規模で、アットホームに営むこの宿。お世辞にも広くてキレイとはいえませんが、この古い建物から臨める湯の峰一望スポットは、CM撮影などに使われたことがあるとか。(HPで見たその角部屋は、残念ながらMIEたちの割り当てではありませんでしたが)。ただ、“何も飾り気がない”部屋は、ベビ付きのMIEたちにとっては幸いでした(^^)掴まり立ちや、見るもの全てを破壊するミニラがいるので、それは助かった!ただひとつ心配だったのが、「音」。ドアや壁ではなく障子やふすまで部屋割りがされているので、「もし、万が一、夜中にベビが泣いたらどうしよう…」って。
※イイ子にグッスリ爆睡してましたが・笑

●お風呂
お部屋にお風呂はついておらず、離れに温泉がありました(ハイキングする人が多いからかな?洗濯機もあった)。小屋の中で「男」「女」で別れています。ここも、お世辞にもキレイとはいえない古いもので、リラックスするような空間ではありませんでしたが、お湯自体は最高!MIEの好きな硫黄系の香り。ニキビとか肌荒れに良さそうです。宿につくなり、旦那KUNとベビが仮眠タイムに入ってしまったので、ここぞとばかりに一人で先にご入浴したのであります。その後、やや刺激が強いお湯ではありましたが、ベビも温泉に入れちゃいました!「くらや」さんの許可をもらって、「男」風呂の方を(貸切状態で)使わせてもらったの(私は入浴済みのため、洋服を着たまま補助です)。いつもと違って、大人しくがっしり旦那KUNに抱きつきっぱなしのベビ(風景が違うので怖いのかしらね~)。でもすごくあたたまれた様子でした(^^)

●お料理
「つぼ湯」の側で温泉卵づくりができるのですが、そのように、この御宿でも温泉卵が出ました。鹿の肉など、普段は食べられないご当地モノもありましたが、総称すると「家庭料理」です。美味しかった~!でも、ベビが暴れていたので、食事レポートは貧弱です(写真も撮れなかった・涙)

●チェックアウト
施設などは古いけれど、本当に人がイイので、心は癒されました。9ヶ月のベビと遊んでくれたり、気遣いをしていただいたりと、満足であります。しかも、チェックアウト時のこと。次に向かう「丸山千枚田」のことを話すと、「車で行かれるよ!」っと丁寧に教えてくれたの。予定では、丸山千枚田まで徒歩往復2時間ぐらいのプチ登山を企画していたので、思わず「え!?車で行かれるの!!」っと大喜び。こうゆうフレンドリーな地元会話って、民宿ならではのもの。大きなホテルや高級旅館ではナカナカあじわえないものですよね。

●オススメ点数の解説
お年寄り:(3点
…施設は古めで階段がやや急だが、気取らずに泊まれるのがイイ。
 カップル:(0点)
…若い女の子向けではないかと…
 夫婦:(3点)
…施設やお料理などを目的としなければ、気楽でイイかも
 子ども:(3点
…子どもにとっての評価はさておき、安いので家族連れに最高
 乳児:(0点)
…我が家はたまたま良かったのですが、温泉は刺激があるし、声がもれるので、残念ながらあまりオススメできません。
(ただ、接客は優しくていいですよ!)



スポンサーサイト
別窓 | ★コラム お出かけコラム | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<丸山千枚田 | 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 | 湯の峰温泉の「つぼ湯」~世界遺産~>>
この記事のコメント
障子やふすまで部屋割りはちょっと……ですね。
子供連れには辛いでしょうね。でもほんと大人しく寝てくれてよかったですね。
赤ちゃんも知らない街に行くと疲れるのかな??
だっこされてるだけなのに……。
2007-06-09 Sat 01:12 | URL | はちまま #GpEwlVdw[ 内容変更]
ベビも見知らぬ場所だと、キョロキョロしたらり、いろいろな人がいて興奮したりで疲れるみたい。そういうとき赤ちゃんとか子どもって、逆に夜泣いたりすることが多いようですが、大丈夫でした^v^
興奮するほどの体力が残っていないぐらい、疲れすぎたんでしょうかね~ 
ハチは子どもみたいな存在(感じ)だけど、夜泣きしなくていいなぁ~ あっ、でも春は鳴くかな!?「あぁおぉ~ぉンッ」って??
2007-06-11 Mon 07:10 | URL | ★ハチママさんへ>MIE  #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 主婦飯。リメイク料理や手抜きレシピな毎日。 |